長野県内の屋根・外壁の板金工事は、長野県板金工業組合加盟店まで

長野県板金工業組合

長野県板金工業組合青年部規約

長野県板金工業組合青年部規約

第一章 総則

(目的)
第一条
定款の目的を基に若き板金業者の技術向上、企業の改善と会員相互の親睦を図り、より高き人間完成を達成することを目的とする。
(名称)
第二条
長野県板金工業組合青年部という。
(事務局)
第三条
長野県板金工業組合事務所内に置く。

第二章  事業

第四条
第一条の目的を遂行するために次の事業を行う。
(1) 各支部青年部と連絡を密にして親睦を図る。
(2) 技術向上と企業の改善に関する研修及び講習会と情報の収集を図り、施工技術の競演を行う。
(3) その他青年部の目的遂行の為に必要とする関連事業。

第三章  会員

(資格)
第五条
青年部の会員は、原則として組合の満45才以下の組合員とその従業員とする。
(各支部で規約がある場合にはその限りではない。)

第四章  役員

(役員)
第六条
部会を運営するために下記の役員をおく。
(1) 部長  1名
(2) 副部長会計、副部長書記  各 1名
(3) 監事(会計監査)  2名
(4) 理事 各支部青年部員  1名
(5) 関東甲信越理事  2名
(6) 相談役  2名
(任期)
第七条
役員は総会において選出し任期は2ヶ年として再選を妨げない。
補欠のために任期は、前任者の残任期間とする。

第五章  会議

(総会)
第八条
総会は年1回、開催日は理事会において決定する。
但し、必要に応じて臨時総会を理事会の議決を経て開くことが出来る。
(理事会)
第九条
青年部長は必要に応じて理事を招集することが出来る。
第十条
青年部長は必要に応じて委員会を設営することが出来る。

第六章  会計

(会計)
第十一条
部会の経費は地区青年部の年会費、補助金、還付金、その他の収入で充てる。
(会計年度)
第十二条
部会の会計年度は4月1日より翌3月31日までとする。

第七章  慶弔慰謝

次の通り青年部員の慶弔慰謝を行う

第一三条
部員本人が死亡したる時・・・・・・・・・・・・・¥10000。弔電。
第一四条
部員の配偶者が死亡したる時・・・・・・・・・・・¥5000。 弔電。
第一五条
部員の一等親者が死亡したる時・・・・・・・・・・¥3000。 弔電。
第一六条
青年部OBで県板青年部役員を務められた方が死亡したる時・・・・弔電。
第一七条
公傷、病気入院の御見舞いは、各支部個人で行う。
第一八条
その他は各支部長が申請し、部長、副部長の決定による。

第八章  付則

第一九条
本規約に明記無き事項は理事会の議決を経て運営する。
第二十条
本規約は総会の議決を経なければ改正することはできない。
第二十一条
理事会及び総会の議事録はその都度組合理事長に報告する。
第二十二条
(1) この規約は昭和51年10月4日より執行する。
(2) 一部変更 平成12年4月2日総会議決後執行する。
(3) 一部変更 平成16年4月17日総会議決後執行する。
(4) 一部変更 平成17年4月9日総会議決後執行する。
(5) 一部変更 平成19年4月14日総会議決後執行する。

Contact

屋根板金・外壁についてお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。
お客様のお近くの当組合員をご紹介いたします。