板金工業組合について
長野県板金工業組合の概要・沿革

長野県板金工業組合の概要

長野県板金工業組合とは、金属製屋根工事や建築物の外壁・飾り・樋など金物工事業を営む、長野県内の板金業社約 300数社 による中小企業者組織で、長野県知事の認可を受けた業界団体です。 この組合は各都道府県に一つだけしか設立が認められない専門業者の団体です。

また私達の組合は、昭和32年に制定された「中小企業団体組織に関する法律」によって規制される組合組織で、半世紀余の活動歴をもっています。

その目的は中小の事業者が相互扶助の精神に基づき、経営の安定的発展を目指し、技能の研鑽に務め地域社会において 適正な価格で、安心して工事を任せていただける板金専門工事業者の集まりです。 また私達組合の上部団体として「全日本板金工業組合連合」や「中小企業団体中央会」「中央職業能力開発協会」などより指導や情報の提供を受け常に業界の健全な発展に努力をしています。

 

名称 長野県板金工業組合
所在地 長野市大字安茂里字本上河原8102番地
組合地区 長野県一円
設立 昭和23年3月26日
組織 組合員  280   理事長 1名   副理事長  3名     会計理事    名      
専務理事  1名   理事  17名    常務理事  1名     監 事    4名  

(平成29年2月9日現在)

 

jimusyo.jpg


組合事務所

長野県板金工業組合の沿革

昭和15年7月 長野県板金加工業組合連合会設立
昭和17年8月 長野県板金加工業組合(長野県知事認可)
昭和19年7月 長野県板金工事統制組合(知事改組認可)
昭和23年3月 長野県板金工業協同組合(知事改組認可)

昭和40年10月

長野県板金工業組合(知事改組認可)
平成21年5月 長野県板金工業組合(長野県知事認可:定款変更)現在に至る
ページ先頭へ戻る